世界遺産やんばるを
体験しよう!!

Let's go to Yanbaru!
国頭村、大宜味村、東村
世界自然遺産に登録された
やんばる3村で
観て、食べて、
体験して、過ごす

世界自然遺産やんばるを知ろう

日本国内では5カ所目の世界自然遺産に
登録された沖縄北部にある「やんばる」。
世界自然遺産に登録されるほどの価値があると
認められた理由とは!?

Read more
エリアで探す

エリアで探すエリアで探す
area
search野鳥

国頭村
森と水とやすらぎの里
国頭村(くにがみそん)
国頭村は沖縄最北端に位置し、村のほとんどが海に面しており、さらに村域の84%を占める熱帯の木々が生い茂る大きな森が魅力です。ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなど、世界にここだけにしかいない固有種・希少種が数多く暮らしており「人、動物、植物」が共存する自然豊かな村です。
大宜味村
長寿の里
大宜味村(おおぎみそん)
「長寿の里」「芭蕉布の里」「シークヮーサーの里」「ぶながやの里」として知られる大宜味村。日本一の長寿村として、豊かな自然の恵みを生かした食文化、古くから残る個性的な伝統文化、健康・美容にも効果的なシークヮーサー栽培も盛んに行われています。大宜味村へ訪れるとのんびりした農村で暮らすパワフルで元気なおばあたちがお出迎えしてくれます。
東村
花と水とパインの村
東村(ひがしそん)
豊かな自然と大地に恵まれた「花と水とパインの村」東村。東村の美味しい水、豊かな土壌、180の農家さんによりパインの生産は日本一を誇ります。大自然のフィールドを活かしたエコツーリズムや秘境を巡るカヌー体験、民泊体験などが注目されています。毎年、3月には5万本のつつじと豊かな自然を満喫できるつつじ祭りが大人気!

Ranking
やんばる観光スポット
閲覧ランキング

1
東村 やんばるロハス
自然豊かなやんばるの森と海に囲まれた2000坪のプライベートリゾート。
日常を離れてただゆっくりと、自然とともに、動物たちとともに過ごしてみませんか?
あなただけの極上の休日がここにあります。
2
大宜味村 大宜味村陶器事業共同組合登り窯
登り窯ややちむんというと読谷村のイメージが強い方も多いですが、ここ大宜味村にも実はあるんです。村内で活動する4人の陶芸家からなる大宜味村陶器事業協同組合が九連窯です。赤瓦の屋根との組み合わせは圧巻で一見の価値ありです。日中は自由に見学できますので、やんばるで文化・芸術に触れたい人はぜひお立ち寄りください。
3
国頭村 やんばる学びの森
宿泊棟をはじめ、森の生態系を学べる展示ルーム、ネイチャートレイルなどがあり、植物の観察を通して、新たな発見ができる場所。そのほか、オートキャンプ場、アスレチック広場も併設されており、自然体験や野外活動を中心に、子供から大人まで幅広く楽しむことができる。
4
大宜味村 Sunny Picnic
2023年2月にオープンしたばかりのお店。栄養満点でバラエティー豊かなお弁当を買うことができる。テイクアウトして、近くの海岸ややんばるの森の自然で非日常を感じながら食べるのがオススメ。
5
国頭村 国頭スーパー
大型のスーパーマーケットが無いやんばる3村を支えるローカルショップ。
食料品はもちろん日用品や釣り道具など幅広い商品を取り扱っている。
地域の人が集まり、コミュニケーションの場にもなっているアットホームなお店。
6
国頭村 玉村商店
元々、共同売店だった所を改装し令和3年に創業した玉村商店。お店の外観と店内の雰囲気に、まず驚きます。メニューも安くてボリュームがあり、おすすめのお店です。
7
大宜味村 オクラレルカ畑
オクラレルカはアヤメの仲間で、葉の部分を生け花用として出荷するために栽培しているものだが、花も綺麗で見ごたえがあるため地元農家さんの厚意でお花畑を楽しむことができる。花は通常3月下旬から咲き始め4月上旬が見ごろ。タイミングが合えばぜひ見てみよう。
8
国頭村 あしむりの郷
琉球神話で開闢(かいびゃく)の地とされる沖縄本島最北の地、辺戸周辺の遺跡、
文化、歴史、自然観察及び民芸品作り体験と総合的なツアーを行っている。
こちらもやんばるの
おすすめ観光情報が満載!
  • 国頭村観光協会
  • 大宜味村観光協会
  • 東村観光推進協議会
  • メニュー